Tuesday, May 17, 2011

「暇」 プロレス 入場テーマ曲 

しかしニューヨークでは最近ずっと雨が続きますね~。日曜の草野球の試合も雨で延期になりましたし、雨のせいでなかなか外でできるようなこともないし...なので、この数日間はずっと家で半・引きこもり状態。で、引きこもって一体何をしてるのかというと...

家でずっとプロレス観戦っ!!

...です。先週の金曜日に観に行った「新日本プロレスリング「NJPW INVASION TOUR」-Attack on East Coast -」の影響でしょうね~。いや~、なんて僕って単純なんでしょう。すぐ影響されちゃうしね~。

小嶋聡 選手
 プロレスは観てるだけでとってもワクワクしてきますね~。とくに僕が大好きなので「選手の入場テーマ曲」。この間の大会で第1試合で出てきた獣神サンダーライガーの入場曲を聞いたときはゾクゾクしすぎて鳥肌まだ立ちましたよ。

ちなみに獣神サンダーライガーの入場テーマ曲「怒りの獣神」はこちらっ。



 いいです。何度聞いてもいいです。このライガーの入場テーマ曲は携帯の着信にまでしちゃいました。もう「燃やせ、燃やせ、怒りをもやせぇ~~♪」って一緒に歌ってしまいそうです。

で、新日本プロレスリングの現ヘビー級チャンピオンの棚橋弘至選手の入場テーマ曲はこちらっ。


いいですね~。僕がプロレスの試合に出るわけじゃありませんが、これを聞くと戦いたくなってきます。

でも僕の世代で「新日本プロレス」っていうとやっぱり闘魂三銃士じゃないでしょうか。彼らが活躍してた時が新日本プロレスも一番華やかだったんじゃないでしょうか?で、やっぱりその中でも僕が好きなので今は亡き、橋本真也の入場テーマ曲「爆勝宣言」なんて聞いてるだけで「うりゃあ~~~っ!」って叫びたくなります。


 かっこいいですね~。しかし橋本真也本人はデブでカッコ悪かったので...やはり新日本プロレスのエースって言ったら同じ闘魂三銃士の「武藤敬司」でしょうね~。


いや~、この頃の武藤敬司はカッコよかった~。スピードがあり、テクニックもあり(ちょっとワンパターン的でもありましたが...)、まさに新日を背負っていくエースになるべく人だと思ってたんですが...今じゃ新日を脱退してるし、ツルッパゲだし、膝の怪我でかつてのスピード感もまったくないし...もう武藤は終わってますね。

でもこの三銃士の中で今でもやっていけそうなのは「蝶野正洋」でしょう。


このPVを見ると「悪」って思ってしまうんですが...それはやっぱり蝶野がつけたイメージなんでしょうね~。なんか違う意味でカッコいいです。でもこんな人を町で見かけたら絶対逃げます。


で、三銃士の一人ではないんですがこの人の存在を忘れてはいけません。


「佐々木健介選手」です。小柄ですけど、パワーがあります。この入場テーマ曲を聞いてると今にもラリアットでも喰らいそうな感じです。

あと団体が違うけど、当時全日本プロレスで活躍をしてた今は亡き、三沢光晴の入場テーマもよかった。


これを見てると今にもエルボーが飛んできそうです。いや~、三沢も強かった~。


日本人選手ではないんですが、外人レスラーの入場曲で一番好きなのはやはりこれっ。


「ういぃ~~~~~ぃっ!!」

って、叫びたくなる、スタン・ハンセンでしょう。この入場曲を聞いたら場外乱闘がしたくなります。しかしこの入場曲は初めて全部聞いたんですが...こんな曲だったんですね。知りませんでした。


 で、やっぱり最後にミスター・プロレスって言ったらこの人、「アントニオ猪木」ですね~。


いや~、最高ですね。この「猪木、ボン・バイ・エ!」って所をすっと「猪木、が・ん・ば・れ!」だとずっと思ってたのは僕だけでしょうか?


ってな感じでプロレスの入場曲を紹介していきましたが...一体、このブログが誰が読むんでしょうね。謎です。

No comments: