Sunday, February 6, 2011

「MLB」 2011年メジャーリーグ予想: American League East

さて、やっとフットボールのSuper Bowlも終わってくれたってことで...ついに2011年野球シーズンが近づいてきましたっ!フットボールをまったく見ない野球オタクの僕にとってはうれしい限りです。ということで...2011年のメジャーリーグの予想を6回のブログに分けて勝ってにやりたいと思います。パチパチパチパチッ~~~!!で、まずはアメリカン・リーグの東地区の予想から...

「American League East」

1位: ボストン・レッドソックス (Boston Red Sox)
レッドソックス本拠地: Fenway Park

オフシーズンにCarl Crawford外野手とAdrian Gonzalez一塁手を獲得し、去年よりもよりパワフルな打線が完成。先発陣もエース級のJon Lester投手とClay Buchholz投手を筆頭に穴のないローテーションを誇る。唯一の弱点を言えば不安定なリリーフ陣、でもそこは元ホワイトソックスのクローザーのBobby Jenks投手を取得して弱点を補強。去年のようにベテラン選手の怪我にさえ悩まされなければ圧倒的な強さでリーグ優勝できるだろう。

日本人選手:松坂大輔、岡島秀樹、田澤純一




2位: ニューヨーク・ヤンキーズ (New York Yankees)
ヤンキーズの本拠地: Yankees Stadium
今年のオフシーズンは数多くの大物フリーエイジェントの取得に失敗し、取得したのは二人のリリーフRafael Soriano投手とPedro Feliciano投手にキャッチャーのRussell Martin捕手のみ。期待されていた先発投手の補強ができなかった上に、先発の柱だったAndy Petiteの引退で先発ローテンションに大きな穴がポッカリ空いてしまった。それでも爆発的なヤンキーズ打線はほとんど健在。どれだけヤンキーズ打線が得点をして先発投手陣をカバーできるかがヤンキーズの勝利への鍵になるでしょう。

日本人選手:井川慶(マイナー)



3位: ボルチモア・オリオールズ (Baltimore Orioles)
オリオールズ本拠地: Oriole Park at Camden Yards
昨年のシーズン後半に名監督Buck Showalterの就任からチームは大激変。マネージャー一人の手によって弱小チームを一気に強豪チームに変貌させた。チームを引っ張っていく期待の若手3人、Adam Jones外野手、Nick Markakis外野手、Matt Wieters捕手に加え、オフシーズンにはDerrick Lee一塁手、Mark Reynolds三塁手、J.J. Hardy遊撃手、Vladimir Guerrero外野手を取得してオリオールズ打線は大幅にパワーアップ。あとは経験の少ない投手陣が花を咲かせることができればリーグ優勝も夢ではない(?)

日本人選手:上原浩冶



 4位: トロント・ブルージェイズ (Toronto Blue Jays)
ブルージェイズ本拠地: Rogers Centre
昨年のオフシーズンにRoy Halladay投手の放出に引き続き、今年もエースのShaun Marcum投手をブルワーズにトレードしてしまった...にもかかわらずブルージェイズの強みは層の厚い先発投手陣。若手のホープKyle Drabek投手が期待どうりの活躍をしてくれれば先発ローテーションは安泰。チームの弱点だったスピードもRajai Davis外野手の取得でカバー。あとは去年メジャーで1番だったホームラン打線がまた爆発することができれば上位に浮上することも考えられる。強豪チームが多いAL Eastでどれだけ争えるか見ものです。

日本人選手: なし



5位: タンパベイ・レイズ (Tampa Bay Rays)
レイズ本拠地: Tropicana Field
2008年のワールドシリーズ出場した年から常にリーグのトップをヤンキーズとレッドソックスと争ってたレイズですが、このオフシーズンにトレードとフリーエイジェントで多くの主力選手を放出。代わりとなる選手の取得もせず、若手選手の成長に期待をかける。メジャーを代表する選手に成長したDavid Price投手とEvan Longoria三塁手の二人の選手だけでAL Eastで争うにはちょっと荷が重い。2011年は若手の育成に専念して、2012年の復活を目指す。

日本人選手: なし





2011年アメリカン・リーグ東地区はオフシーズンにチーム強化に成功したレッドソックスが頭ひとつ出て地区優勝候補。しかしヤンキーズはかならずと言っていいほどシーズン中にトレードなどでチーム強化をはかるので、地区優勝も十分考えられる。オリオールズとブルージェイズは他の地区であれば地区優勝ができる実力をもってるので、東地区でどれだけ台風の目になれるかが見物です。レイズは再び東地区の弱小チームになるでしょう。


では、次回は「アメリカン・リーグ中地区」の予想でお会いしましょう~。


関連ブログ
「2011年メジャーリーグ予想: AL Central」

2 comments:

SEIJI said...

このブログ、トラックバックができないんですね。今日の私の方にこの記事、紹介してみました。
タンパ、そんなに駄目ですかね。マニーとデーモン、補強したじゃないですか。二人のロートルが意外と働くんじゃないですかね?
ボルチモアは開幕でつまずかなければ、台風の目になるかもしれませんね。

Kasei said...

トラックバックって何ですか?まだこのブロガーを使えこなせてないので、もしかしたらできるかもしれません。やってみます。

そういえばマニーとデーモン忘れてました。でも二人ももう歳だし、タンパは穴がありすぎます。なので、順位は変わらず最下位ですね~。