Monday, February 28, 2011

「食」 Totto Ramen 鳥人ラーメン

さて、今回のネタはまたもや「ラーメン」。

今回はニューヨークのラーメン店の中でも1、2の人気を誇る「Totto Ramen」に行ってきました。

実は僕がこの「Totto Ramen」に行くのは初めて。前から美味しいという評判は聞いてたんですが、いつもかならず並ばなきゃ入れないっていう情報は入ってたので行ってなかったんですよね~。なので今回はなるべく人が少ない時間に行ってみることにしました。

これは食べた後に撮った写真でまだ10人以上待ってました

僕が「Totto Ramen」についたのは9時半ごろ。待ってる人はたったの3人。おお~、これだったらすぐは入れそうだ。

入り口前

お店の席はカウンター席も入れておよそ20席。で、待ってる人が3人だけだからすぐ入れるだろう...って思ってたらそれでも結局20分ほど待たされました。しかも待ってる間にも人がどんどん並んできて僕の後ろには20人ぐらいの人が並んでました...ひゃ~、あぶなかった。


で、とりあえずなんとか席にたどり着いて、一番最初に頼んで出てきたのが...

焼きウニめし
サイドメニューの「焼きウニめし」です。

で、これ超ウマです。焼いたウニってあまり食べる機会がなかったんですけど...ラーメンを食べる前から感激です。しかもこの黒い昆布みたいな物体(っていうか昆布でしょう)もご飯とすごく合う。ヤバイです...サイドメニューの時点でこれほどの感動を味わえるとは思ってもみませんでした。しかもこれで値段が$5.50で超お得。いや~、早くも一品目でビックリしました...


そしてメインのラーメンにオーダーしたのは...

Totto Chicken Paitan Ramen
このお店の看板メニューである「Totto Chicken Paitan Ramen」。

とりあえずスープを飲んでみます...あっ、はい、はい、はい、はい、はい。

こりゃ~、マジ美味しいです。

このお店が人気なのはスープを一口飲んだらすぐ分かります。だって誰でも好きになるような味ですもん...しかもこの「Totto Chicken Paitan Ramen」みたいな鶏がらスープ系のラーメン屋を食べれるところはニューヨークでもここだけでしょう。いや~、これはたしかに美味しいです。

Totto Miso Ramen
 そしてもうひとつオーダーしたのが「Totto Miso Ramen」。基本は「Totto Chicken Paitan Ramen]と同じなんですが、こっちには味噌の山が乗っかってます。で、こっちも上の味噌を混ぜてスープを飲んでみます...

あ~、はい、はい、はい...

これまたウマイです。

こっちも鶏がらスープが味噌の味を引き立て、とっても美味しい味噌ラーメンになってます。これは味噌ラーメン好きにはたまらないんじゃないでしょうか。


そしてこれまた自分の「Totto Chicken Paitan Ramen」を食べ始めると...




...?ん、ん、ん~~ん??

なんか変だ...味がしない。

もしかして...もしかして...僕が恐れてたことが...


そう...ミソの味が強すぎて、鶏がらスープの味がしなくなっちゃったです。


これは僕はあまり味噌ラーメンを好まない理由でもあるんですが...ミソという調味料はあまりにも味が強いため、本来の鶏がらスープが味噌に負けてしまうんです。ま、味噌は味噌でとっても美味しいとおもうんですが、せっかくの鶏がらスープが一口で無くなってしまうのもちょっとモッタイナイない気が...


というわけで今回は超人気の「Totto Ramen」に行ってきたんですが...ここは評判どうりマジで美味しかったです。ちょっと味噌ラーメンを食べた後に味が分からなくなってしまったのが残念ですが、それはここの味噌ラーメンだけじゃなくてすべてのラーメン店に共通する問題だと思います。


ということで勝ってに点数をつけさせてもらうと...92点

客側の立場から言わせてもらうと「もっと店を広くしろ」って言いたいですけど...ね。


Totto Ramen
366 W 52nd Street
(Bet. 8th & 9th Ave)
New York, NY 10019

Thursday, February 24, 2011

「旅」 Miami, FL マイアミ(フロリダ州)

では、またまた「フロリダ旅行」の続きになりますが...4日目の午前中にケネディ宇宙センターでスペースシャトルの打ち上げを偶然にも見ることができて超感動したんです...っが、おかげで最初に予定していたプランよりもかなり大幅なタイムロスっ!ヤバっ。

次なる目的地のマイアミには夕方には到着したかったんだけど...とりあえず急いでGO~!!


View Larger Map


ケネディ宇宙センターからマイアミの道のりは車で約4時間半。 すでにこの旅での長時間の運転で疲れきった身体でしたが、先を急がなくていけないのでノンストップでマイアミに直行~!


が、しかし...


GPSがマイアミの目的地とは違う場所を選択してしまったため...迷子になってしまった。

しかもマイアミの治安が超わるそ~な所だしさ...ちょっとコエ~よ。



で、何とかGPSを正しい目的地に設定をやり直し、向かった先とは...ここです。

Sun Life Stadium

 ...って、ここが何だか分かります?





そうっ!メジャーリーグ・フロリダマーリンズの本拠地のサンライフ・スタジアムですっ!実はこの「フロリダ旅行」計画の一番の目的とはニューヨーク・メッツ対フロリダ・マーリンズの試合を見ることだったんですっ!!

えっ?マイアミって言ったらビーチじゃないのかって?...

いやいや、そんなモンには興味ありません。僕がフロリダまで来た理由は「野球」です。 キッパリ。

というわけで...ちょっと試合開始から1時間半遅れの到着となってしまいましたが、まずは...


目標達成おめでと~~ぉ!!パチパチパチっ~ィ!


マジうれしいです...スタジアムに到着した瞬間に涙が出そうになりました。「よく一人でここまで来れたな...エライ、エライ」...と自分で自分を褒めてしまった瞬間でもあった。(涙)


...ってな感じで感情にひたってるのもいいですけど、1時間半も遅れたせいで試合はすでに5回に突入。早く自分の席を探さないと...「It better late than never」ですよ。で、僕の席はといいますと...

ちゃんとメッツ帽とメッツTシャツを着てメッツの応援しまっせ~。

旅行に行く前に奮発して購入した ビジター側(メッツ)のブルペンの最前列ですよ~。おお~、予想以上のこの席はナイス~!しかもこの席からはこんな感じに選手とかもまじかで見れます。



おお、ちょっと手を伸ばしたら選手に手が届きそうな距離だ。


でも肝心な試合を見るにはちょっと遠いか...元々このスタジアムはフットボール用に作られてるので野球を観戦しやすいようにはイマイチできてませんね。でも、いいんです...この席だったら選手が近くに見えるんで。


高橋投手
その日の登板は残念ながらありませんでしたが、当時メッツに籍をおいていた高橋投手がストレッチをしてるところがすぐそばで見れちゃうし...


K-ROD
メッツのクローザーのK-Rodなんて僕の真下を歩いてたりしてました。帽子でも盗めばよかったかな...



ま、そんな感じで「フロリダ旅行」の一番の目的であったメッツ対マーリンズの試合の結果は...17対5でメッツのボロ負け。

おいおい...わざわざニューヨークから1200マイル以上運転して来たっていうのにそれはないだろ。次の日からはまたフロリダを北上してニューヨークに向かう予定だっつーのに...疲れが一気に爆発しちまったじゃね~かよ。

その日の夜はそのままマイアミビーチで遊ぼうと思ってたけど...疲れを取るためにも大人しく予約を入れておいたモーテルに向かいました。


しかし...この安モーテルがマイアミの治安が悪い場所にあり、モーテルに入る前からヤバイな~って思ってたんですが...その予約したモーテルに入ってみると...


モーテルのロビー
モーテルのテラス
なんじゃこりゃ~~っ!超キレイじゃね?モーテルの外には浮浪者やあぶないヤツラがうじゃうじゃ歩き回ってるところとは思えないほどキレイな内装だ。これはまさに企業努力っ!


そしてフロントにいた小汚いオッサン(従業員はショボかった)に部屋の鍵をもらい...


えっ?ちょっと待って...「鍵」なん?

普通だったらルームキーとちゃうんか?


...と、ちょっと不安がよぎるったのでおそるおそる自分の部屋に入ってみると...


予想は的中...普通の家とかにあるような一室じゃね~かよ。普通のモーテルの一室ともちょっと違うし...モデルルームみたいなロビーとはガラリと変わった内装。うぅぅ~、ダマされた。


しかし...長旅で疲れきった身体にはベットさえあればいいもんで、モーテルの外から聞こえる人のわめき声をBGMにその日は倒れるように眠りに入ったのである...


そしてフロリダ旅行はまだまだつづくのであった...

Wednesday, February 23, 2011

「MLB」 2011年メジャーリーグ予想: National League West

さて、2011年メジャーリーグ予想も最後となりまして、今回はナショナル・リーグ西地区の予想をしたいと思います~。パチパチパチパチ~ィ!!

「2011 National League West Prediction」

1位 サンフランシスコ・ジャイアンツ(San Francisco Giants)
ジャイアンツ本拠地: AT & T Park
昨年のワールドシリーズ優勝チームのジャイアンツの一番の強みはベテランBarry Zito投手に加え、若手のTim Lincecum投手、Matt Cain投手、Jonathan Sanchez投手、Madison Burngarner投手の5人揃ったの先発投手陣だろう。彼らはワールドシリーズの経験を元にさらなら成長を遂げるだろう。クローザーには黒髭が特徴的で信頼のできるBrian Wilson投手。やはり今年もこの投手陣を打ち負かすのは至難のワザだろう。昨年デビューしたBuster Posey捕手はすでにチームのリーダー的存在になっており、彼を中心にジャイアンツ打線が得点を稼ぐことができればワールドシリーズのV2も夢ではないだろう。

日系選手: Travis Ishikawa一塁手


2位  コロラド・ロッキーズ(Colorado Rockies)
ロッキーズ本拠地: Coors Field
ロッキーズの魅力はなんと言っても二人のMVP候補、Troy Tulowitzki遊撃手とCarlos Gonzalez外野手が率いるパワフル打線。オフシーズンにJose Lopez内野手とTy Wigginton内野手を取得して、チームの強みがさらに強化された。これでベテランのTodd Helton一塁手が昔の打撃を取り戻せればナショナルリーグでトップの打線になるだろう。投手陣は昨年サイヤング候補だったUbaldo Jimenez投手を筆頭に若手とベテランでうまくまとまったローテーションになり、弱点だった中継ぎも補強によってチーム力はさらにアップした。あとはクローザーのHuston Street投手が怪我になやまされなければ地区優勝もできるだろう。

日本人選手: ナシ


3位 サンディエゴ・パドレス(San Diego Padres)
パドレス本拠地: Petco Park
昨年はシーズン最終日で惜しくも地区優勝を逃してしまったパドレス。オフシーズンに頼りになるAdrian Gonzalez一塁手をトレードで放出してしまうが、Jason Bartlett遊撃手、Orlando Hudson二塁手、Cameron Maybin外野手、Brad Hawpe一塁手の即戦力になる選手を取得して打撃力と守備力がともに強化された。しかしパドレスの一番の長所はクローザーのHeath Bell投手を筆頭としたリリーフ陣だろう。若手投手ばかりで結成されたリリーフ陣は経験こそ浅いものの、昨年はメジャーで最小防御率をマークした。先発陣はMat Latos投手はエースにまで成長、そのほかの若手先発投手も確実に成長してきている。

日本人選手: ナシ


4位 ロサンゼルス・ドジャース(Los Angeles Dodgers)
ドジャース本拠地: Dodgers Stadium
昨年、期待をされている選手の不調によりBクラス入りをしてしまったドジャースだが、オフシーズンにJon Garland投手、Matt Guerrier投手、Tony Gwynn Jr外野手、Dioner Navarro捕手、Juan Uribe二塁手などチームをあらゆる面から補強した。しかしやはり戦力アップの鍵となってるのはチームのスター選手であるMatt Kemp外野手、Andre Ethier外野手、James Loney一塁手の3人の活躍にかかっているだろう。先発投手にはエース級の投手に成長したClayton Kershaw投手とChad Billingsley投手に加え、ベテランのHiroki Kuroda投手、Ted Lilly投手、Jon Garland投手で安定したローテーションを誇っている。

日本人選手: 黒田博樹


5位 アリゾナ・ダイヤモンドバックス(Arizona Diamondbacks)
ダイアモンドバックス本拠地: Chase Field
2年連続で西地区で最下位であったダイアモンドバックスは名GMと名高いKevin Towersを就任し、チームの再建を図る。まずオフシーズンに若手選手の指導役にMelvin Mora三塁手、Xavier Nady外野手、J.J. Putz投手など多くのベテラン選手を取得し、若い選手のマイナーでの成長を待つ。しかしメジャーレベルにもJustin Upton外野、Chris Young外野手、Miguel Montero捕手などすでに活躍してる選手も多いので新たなる若手の成長が待ちどうしい。先発投手でもIan Kennedy投手、Daniel Hudson投手、Barry Enright投手がメジャーで通用する選手にまでに育っている。

日本人選手: ナシ






...っていうことで、ナショナル・リーグ西地区の順位予想が終わり、メジャーリーグすべての予想が終わりました。ま、予想はあくまでも予想なので外れてナンボ...こういう予想は当たらないのが普通なので、あまり期待はしないでください。では、また~ぁ。






Saturday, February 19, 2011

「じゃ」 2011年NYじゃんくす プロモーションビデオ

2011年度 NYじゃんくすプロモーションビデオが完成いたしました。




今年も優勝目指して頑張ります~!!

Thursday, February 17, 2011

「旅」 Kennedy Space Center ケネディ宇宙センター 

さて、「フロリダ旅行」も4日目に突入しました。この日の予定は夜7時にマイアミにある用事のために向かわなければいけないんですが...現在地のデイトナビーチからマイアミまでは車で4時間半も運転すれば行けるってことなので、ちょっとマイアミに行く前に寄り道することに決定~!

で、寄り道先に決めたのは...「ケネディ宇宙センター」です。

わぁ~~い!!男だったら誰もが憧れる宇宙への旅ですっ。楽しみ~ぃ。実は中学生のときにこのケネディ宇宙センターに行ったことがあるんですが、その時は宇宙センターの施設の壮大さに超感動~。これは絶対行くしかないでしょ。


View Larger Map

デイトナビーチからケネディ宇宙センターまでは車で約1時間。宇宙センターがオープンするのが9時なので、8時にデイトナビーチを出発しました...


がっ... デネディ宇宙センターまであと10分ぐらいのところでほとんどパーキング状態の渋滞。


え~、せっかく朝早く出発したのに...これじゃ1日の予定が狂っちゃうじゃないっすか。ケネディ宇宙センターってこんなに人気なん?平日に宇宙センターに行くって、みんなどんだけヒマなんだよ。(って、僕もか...)

そして渋滞に45分ぐらいハマってると...検問らしきところがあり、警察がなにやらチェックしてるじゃないですか。な、何があったんだろう...?

警察: 「Do you have a pass?」
僕: 「No、I didn’t buy it online...」
警察:「.........Okay, head back on the road and go home」
僕: 「ゲッ...」

おいおいおい、何なんだよ。これだけ待って何の説明もなしに帰れって。ニューヨークから遙々来たっつのに追い返すんかいっ。これまた予定が狂っちゃうじゃねーかよ。


ま、しょうがなく渋々引き返そうと思ってたら、僕と同じように追い返された車が「The U.S. Astronaut Hall of Fame」の建物の方に入っていくのを見て、「宇宙飛行士の殿堂」なんて興味はまったくありませんがここまできたら何か見ていかないとソンでしょ...ってことでほかの車についていくことにしました。す、すると...

The U.S.Astronauts Hall of Fameの中庭
 な、何ですか...この人だかりは?ワケが分からないのでそこらへんの人に「What’s going on today」って聞いてみると...


この日はなんと...「スペースシャトルの打ち上げ日」だったんですっ。


ま、マジぃ~...聞いてないよぉ~。っていうか、何も知らないで来た僕って超ラッキーじゃん。どうやらそのためにケネディ宇宙センターはCLOSEされていて、スペースシャトルの打ち上げを見たい人がここに集まって来てるらしいです。

しかしスペースシャトルの打ち上げ予定時間は2時20分...まだ4時間近く待たなきゃいけないじゃんか。ま、打ち上げなんて普段ではまず見れるものじゃないんで4時間ぐらい待とうじゃないっすか。とりあえずこの「宇宙飛行士の殿堂」でも見て回って時間でも潰しますか。

スペースシャトルの実代模型
って、いろいろ見て回りましたが...「宇宙飛行士の殿堂」ってショボっ。15分ぐらいで全部見て回っちゃいましたよ。え~、どうしよう。どうやって時間を潰そうかな...って思ってたら面白いものを発見。

Gを体験できるマシーン
戦闘機のパイロットが飛行中にかかる「G」を体験できる乗り物じゃないっすか。なんか僕みたいに時間を持て余してる人が沢山列を作ってますが、どうせ僕もスペースシャトルの発射時間まですることがないんで待つことにしましょう。丁度、持っていたIpod Touchにまだ見てないG.I.Joeの映画が入ってることだし...映画でも見ながらゆっくり待ちましょう。



...って、映画を見ながら待ってたらG.I.Joe見終わっちゃったじゃないっすか。え~、すでに2時間近く待ってたことになるの?うわぁ...ってそこから30分ぐらい待ってようやく僕の番です。

「G」の体験前
「G」を体験中


 「オ、オエェ~~~」......き、気持ち悪い。ついに僕もこういう体感系の乗り物に耐えられなくなってきた歳になってきました。目が超クラクラする~ぅ。

って、思ってるうちにいつの間にか人が室内にいなくなってるじゃないっすか。みんな外で場所取りをしてるみたいなので、吐きそうな思いをしながら外に行ってみると...

い、いつのまにか人が増えてる~ぅ。
スペースシャトルが見れるスクリーンもありました
で、肝心のスペースシャトルはあれかな?

そして...ついにスペースシャトルの打ち上げ時間がやってきましたっ。お~、ワクワクする~!


「5、4、3、2、1......TAKE OFF!!」 


 「ス、スペースシャトル...ばんざ~い!」

もう超感激です。でも実はスペースシャトルの発射場所を間違ってしまい発射の瞬間をミスってしまったんですよね~。ちくしょぉ~~ぉ!


でもスペースシャトル発射の瞬間を手ブレで観にくいんですが何とかゲットしたのでそちらもどうぞ。



ま、そんな感じでラッキーにもスペースシャトルの打ち上げを体験することができました。いや~、マジでツイてます。やはり普段の行ないがいいからなんでしょうね。(ね?)



そ、そんなことより...これから急いでマイアミに向かわなければ、7時に到着できない。で、予想通りこのケネディ宇宙センターを出るのに大渋滞に巻き込まれ...


果たして7時にマイアミに到着できるのだろうか...つづく。

Wednesday, February 16, 2011

「MLB」 2011年メジャーリーグ予想: National League Central

それでは再びメジャーリーグ予想に戻り、今回はナショナルリーグ中地区の予想をしたいと思います。パチパチパチパチぃ~~~!!
 

「2011 National League Central Prediction」


1位  ミルウォーキー・ブルワーズ(Milwaukee Brewers)
ブルワーズ本拠地: Miller Park
今年のオフシーズンは2009年のサイヤング投手だったZack Greinke投手とブルジェイズのエースであったShaun Marcum投手を電撃トレード。そこに今までチームのエースであったYovani Gallardo投手を加え、メジャー最強のトップ3先発陣を結成。クローザーには昨年24セーブを記録して、頼れるクローザーに成長したJohn Axford投手。そこに今年も期待されるのがPrince Fielder一塁手、Ryan Braun外野手を始めとするホームラン打線。それに加えRickie Weeks二塁手やChris Gomez外野手の機動力を武器にする選手も活躍すれば、多彩な攻撃力で他のチームを圧倒する力がある。チームは全体的に経験不足な弱点があるが、それを補う実力とバランスで地区優勝を目指す。
日本人選手: 斉藤 隆

2位 シンシナティ・レッズ(Cincinnati Reds)
レッズ本拠地: Great American Ball Park
昨年地区優勝を果たしたレッズの勢いのある打線は今年も健在。その中でもっとも期待がかかるのはMVP候補であるJoey Votto一塁手。そしてJay Bruce外野手とDrew Stubbs外野手が更なる成長を遂げればレッズ打線は手がつけられない存在になるだろう。そしてレッズのもうひとつの強みはJohnny Cueto投手やEdinson Volquez投手を始めとする若手投手の層の厚さ。そこに昨年、104マイルの剛速球を武器に彗星のごとく現れたAroldis Chapman投手がチームのエースにまで成長すればレッズの地区優勝が決まりだろう。あとはベテランのBrandon Phillips二塁手とScott Rolen三塁手が昨年のように今年も若手を引っ張っていくことが出来るかが鍵になるだろう。
日本人選手: ナシ 

3位  セントルイス・カージナルス(St.Louis Cardinals)
カージナルス本拠地: Busch Stadium
やはりカージナルスで一番の注目は今世紀のベストバッターとも言われているAlbert Pujols一塁手。カージナルスはPujols選手を中心に作られており、彼一人の活躍で勝敗が決まると言っても過言ではない。打線のサポート役には右の強打者のMatt Halliday外野手や若手で急成長を遂げているColby Rasmus外野手もいる。そしてもうカージナルスのもうひとつの強みと言えばAdam Wainwright投手とChris Carpenter投手のトップ2先発コンビ。この二人の先発投手だけに関しては他のチームでも右に出るモノはいない。あとはこの主力選手以外にもチームに貢献できる選手が出てくれば地区優勝も可能だろう。
日本人選手: ナシ

4位 シカゴ・カブス(Chicago Cubs)
カブス本拠地: Wrigley’s Field
昨年はAramis Ramirez三塁手やAlfonso Soriano選手を始めとする多くのベテラン選手の不調により、残念な結果で終わってしまったカブス。不調打線の補強にCarlos Pena一塁手を取得するが、それだけでは更なる苦闘はまぬがれないだろう。しかしこの打線での唯一の希望は若手のTyler Colvin外野手とStarlin Castro遊撃手の成長だろう。彼らがチーム打線引っ張って事ができれば、チーム復興の一番の近道になるだろう。先発ローテーションでは頼りになるMatt Garza投手をトレードで取得。あとはチームのエースであるCarlos Zambrano投手がエースらしい結果を残すことができれば、チームを上位に導くこともできるだろう。
日本人選手: 福留孝介


5位 ピッツバーグ・パイレッツ(Pittsburgh Pirates)
パイレッツ本拠地: PNC Park
毎年、中地区の最下位をキープしてきたパイレッツだが、若手の成長とともに今年こそは最下位を脱出になるか?若手一番の期待が高まるのは昨年デビューしたAndrew McCutchen外野手。彼はピッツバーグが育てたBarry Bonds選手以来の天才プレイヤーとも言われ、今年は更なるスーパースターへの変貌を期待される。ほかにもJose Tabata外野手やPedro Alvarez三塁手のような将来が有望される選手の活躍にも期待は大きい。あとオフに取得したベテラン選手の活躍が期待できればピッツバーグ打線も面白くなるだろう。投手陣は相変わらず使える選手を探すだけでも大変だが、そこそこの頑張りをみせてくれればさらに上位を狙うこともできるだろう。
日本人選手: ナシ


6位 ヒューストン・アストロズ(Houston Astros)
アストロズ本拠地: Minute Maid Park
この数年、低迷を続けるアストロズはオフシーズンに大したチームの補強もできず、今年も更なる苦闘が予想される。しかし不振続きのベテラン選手の中、アストロズの中心選手までに成長したHunter Pence外野手と2年連続盗塁王となったMichael Bourn外野手には今年も期待が持たれる。あとはルーキーならが好成績を残したChris Johnson三塁手にもチームを引っ張っていくプレイヤーに成長できるか楽しみだ。


日本人選手: ナシ





とういうことで、ナショナルリーグ中地区の予想はいろいろ考えたあげくこのようになりました。おそらくこの地区の予想が今までの予想で一番難しかったので、おそらく一番面白い地区レースになる予感がします。

では、次回のナショナルリーグ西地区の予想でお会いしましょう~。

「食」 Ramen Kuboya 麺処 久保屋

さて、今回行ってきたのは前々から気になっていた「麺処 久保屋」

どうしても一度行ってみたかったので日曜に野球の早朝練習の後に行ってきました~。
















しかしなんて所にこの「久保屋」はあるんっすか?
 前々からある「Ramen Factory Minca」の真隣りじゃないっすか。

こりゃマジでケンカ売ってますね。
この2店のラーメン屋同士でモメてるにおいがプンプンしてきます。


ま、そんなことはどうでもいいとして早くラーメンをオーダーしてみましょう。

...と、思ってメニューを開いてみたら、早速店員さんが意味不明なことをいいました。

「本日普通のミソラーメンは切れてますが、ほかのミソラーメンはあります...」

「はっ?」

おっしゃってることがイマイチ僕には理解ができないんですが...
とにかく普通のミソはないらしいです。


ということで...ミソの真相を無視するべく、
僕はチャーハンと餃子が付いてくる「塩ラーメン・セット」を頼みました。

で、まず最初に出てきたのは...

餃子
















...エビ餃子です。

「パクっ」...お、ウマイ。中のエビがプリプリしてます。合格です。

で、次に出てきたのが...

チャーハン
















チャーハンです。
「パクっ」...ん?ちょっとモノ足りないかも。ん~...

で、ついにメインの...

塩ラーメン

















 塩ラーメンです。
ん~、なんだろう...美味しいとおもうんですが、かなり独特な感じで
普通に出てくる塩ラーメンとは一味違って、塩ラーメンにしては濃厚なスープです。
あ、でも麺はちぢれ麺でスープとうまい感じに絡みあってとっても...グ~ぅ!

そして一緒に行ったマー君がオーダーしたのは...

醤油ラーメン

















醤油ラーメン。
ちょっと味見をしてみたかったのでスープを一口いただきました...
「濃っ」...これまた醤油ラーメンにしては濃厚なスープでした。
こりゃ~スープを飲み干すのはちょっと大変かも...

そしてSeijiさんが頼んだのは...

辛みそラーメン

















謎に包まれているミソラーメンの謎を解き明かすべき...辛ミソラーメン。
これまた試してみたかったのでスープを一口もらいましたが...
「もっと、濃っ!」...「しかも辛っ!」...
こんな絶対飲み干せないって...
一口でも濃厚さと辛さでなかなか喉を通らん...

そして監督がオーダーしたのは...


ベジ味噌ラーメン

















これまた味噌の謎を解明するべき...ベジ味噌ラーメン。
しかしこれには...興味はまったくナシ。
名前からして興味が湧かないので...「パスっ」


ということで...
今回は「久保屋」のラーメンを初めて食べてきましたが、正直な感想は...

おいしいラーメンなんですけど意外とあっさり系のラーメン好きの僕には
ちょっとクド過ぎて...毎日は食べれないです。

「Minca」や「Kambi」みたいな濃厚系のラーメンが好きな人だったらここもイケるでしょう。
(同じ濃厚系のラーメン店が隣り同士にあっても...ね~。)

Ramen Kuboya
536 East 5th St
Ste 2 (between A & B)
New York, NY 10009