Sunday, January 30, 2011

「旅」 かせ散歩 Dayton, Ohio 編 デイトン・オハイオ州

さて今回、紹介するのはオハイオ州の西部にあるデイトンです。


ま、まず...なぜこんなところを訪れたのかと言うと、5月にニューヨーク・メッツ対シンシナティー・レッズの野球観戦ツアーに2泊2日で行ったんですが、野球観戦とシンシナティー観光を1日で終えてしまった為、時間が空いてしまったのでシンシナティーから車で1時間ほどのところにあるデイトンを観光することにしました。

ちなみにシンシナティー野球観戦と観光の記事はミクシーのほうで読んでくださいな。
 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1499187775&owner_id=1518345


で、まず最初に向かったのはおそらく誰もが知ってるとおもう「ライト兄弟の家」です。そ、そうあの世界初の飛行機の発明をしたライト兄弟が生まれ育った場所がこのデイトンなんです。(実は僕もそこに行くまではまったく知りませんでした。)

ということで、とりあえずシンシナティーから右も左も分からないのでGPSを頼りに車を1時間走らせ、「ライト兄弟の家」に向かいました。そして普通の一軒家が立ち並ぶ住宅街っぽい所にその場所がありました...

 お、おい...ちょっと待て。これは家じゃなくて跡地じゃないかっ。こんな空き地を見に1時間運転してきたわけじゃないつぅーの。思ってたんと違うっ~!

 あ、一応、バルコニーと観光客のための看板(?)がいくつかありました。しかし「ライト兄弟の家...の跡地」を観光してたのは僕一人。人も隣の家で芝刈りをしてたオッサンが一人いるだけでした。

「デイトン観光、終わったな...」って肩を下ろしてグッタリしてたら...じつは歩いてすぐ近くのところに ライト兄弟が経営してた「The Wright Cycle Co」があることを発見。とりあえずそちらのほうに歩いて行ってみました。

お~、ほとんど復元されてて新しい建物にしか見えませんが、建物の形は昔のままだそうです。

しかも目の前にミュージアムまであるじゃないですか。さっそく入ってみてデイトンの情報収集です。

で、調べてみるとこのデイトンには飛行機系に関する観光スポットが離れたところに点々とあり、足や車を使って移動しながら回らないといけないらしいです。さすがライト兄弟を生んだ町...観光のしかたのスケールが違います。

しかしその日の夜に飛行機でNYに帰らなきゃいけなかったため、色々な場所を点々と回るのには時間がないのでまずは 世界でも珍しいパラシュート・ミュージアムを見てみました。

ちょっと興味津々ではあったのですが...ミュージアムの大きさはちょっと大きめな部屋だけ。おいおい、もうちょっと展示するモノあるだろ...

これまたガックリきたので...次はライト兄弟が経営してた工場。

げっ、これまた工場の跡地だけ。建物の入り口の部分だけ復元されてます。おいっ。

で、もうここでの観光は諦めて次の場所に車で移動することにしました。でもその前にこの地域をよく見てみると...
こんなんやら...

こんなのとか...

これとか...


って、このような廃墟がいたるところにあります。実はこのデイトンは一昔前までは工業都市として結構栄えてた町だったんですが、1960年代をピークに工業産業が低下して都市の人口が減っていったため、今では全米平均の2倍以上の犯罪都市になってるらしいです。お~、怖っ。何も知らないで行って、人っ子一人見あたらないからどんな町かと思えば、実は危ないところだったんですね。

で、次に向かったのは「ライト兄弟の家の跡地」から車で20分ぐらいのところにある「National Museum United States Air Force」です。

 お~、これはデカイです。元々飛行場だったところをミュージアムにしてるのでかなり敷地を使ってます。なんだ...最初っからこっちで来ればよかった。


ミュージアムは飛行機の格納庫ハンガー(?)のようなモノが6個。こりゃ超デカイ。こんな大きいミュージアムは初めてです。

ミュージアムの外にある飛行機の滑走路にも昔の飛行機などが並んでいます。
で、ミュージアムの中に入ってみると...

おおっ~~~!!ミュージアムの中も超広いっ!この飛行機が沢山並んでる格納庫が5コも6コもあるなんて信じられません。こりゃ真面目に見て回ったら1日じゃ全然足りませんね~。

でも実はこの時点で帰りの飛行機の時間まであと2時間。飛行場までの移動時間を考えても、ここにいられるのは45分程度...これは全部を見て回るだけでも走るしかないっ。で、マジ、ミュージアム内を走りました。

 ライト兄弟の飛行機の復元のモデルとか。

第1次世界大戦で使われてた飛行機が吊るされてたり...

第2次世界大戦のゼロ戦もありました。アメリカ軍の戦闘機の翼の下に展示されてるなんて...やはり日本人が作るモノは昔からコンパクトで高性能ですね。

こちらはF22 Raptor。これは速そうですな~。

これがレーダーに映らないと言われてるStealth機ですね。本物見るとカッコいい~。

で、こっちが最新版のStealth機なのかな。でもこんなの展示していいですかね?僕がスパイだったら情報盗みまくりますよ。

ロケットなんかもありました。ロケットなんぞ興味はまったくないんですが、近くでも見るとやっぱりカッコいいです。

ってな感じで、最後はバタバタした状態での観光になってしまいましたが、ミュージアムは予想以上に見てて楽しかったです。でもこれだけの為に再びデイトンを訪問をするかというと...それはちょっと有り得ませんが、もし将来またデイトン近辺に行くことがあればこの次はもっと時間をかけてみて回りたいと思います。


 ちなみに帰りの飛行機には出発時間の30分前にギリギリセーフで何とか間に合いました。 ミュージアムであれだけの数の飛行機を見たのに...自分が乗る飛行機に遅れたらシャレになりませんからね。で、帰りの飛行機はこれ...






「プ、プロペラ機かよっ...」


飛行機三昧だったデイトン観光の1日は...人生初のプロペラ機で幕を閉じました。

2 comments:

SEIJI said...

Daytonの近くは通ったけど、行かなかったんですよね~、もっと早くこの情報を教えてくれれば、行ったのにぃ。
F22ステルス機って軍事機密じゃなかったんでしたっけ?こんなところに公開してもいいものなんですかね?どこかの国に真似されちゃうような・・・

Kasei said...

Seijiさん、コメントありがとうございます...っていうかコメントしてくれるのはSeijiさんだけですよ...(涙)。

この飛行機ミュージアムは思わぬ発見でしたね~。一応、前にFacebookで写真は公開したんですけど...誰も興味を示さなかったんでみんな興味ないのかと思ってました...